2014年12月07日

ベビーサイン P3

続き
ミルクのサインを送れるようになった息子は、次々とサインを送り返してくれるようになりました。

”頂戴”のサイン”美味しい”のサイン”おしっこ、ウンチ”のサイン”

サインを送りたいときは「おお、、、おっおー」と呼ぶ。

赤ちゃんにとっても親にとっても通じるということがどれだけ楽しいか、どれだけありがたいか。赤ちゃんからの子育ての経験がある方には、とてもよくわかることだと思います。^^

サインの送れる赤ちゃんが夜鳴きする時の殆んどが、”怖い夢”をみて泣いていることが多いと聞いていましたので、泣いたときにミルクやお茶を飲ませても泣き止まない時は、逆に一度目を開けさせて
「どうしたの?怖い夢見たの?大丈夫だよ!夢だよ!  寝たらいいよ!」
そう言って安心させてあげると”目を開けても”寝てくれました。

今考えると長男、長女のときに知っていたら、もっと色んなことをして挙げられたのにと思います。

赤ちゃんにとっても親にとってもありがたく楽しい”ベビーサイン”のことをもっと沢山の人が知るようになると育児のストレスの大半が解消、軽減されると思うのですが・・・


玉森造園http://www.tamamorizouen.com
posted by もと玉森さん at 10:19| Comment(11) | TrackBack(0) | 家事・育児

2014年12月04日

ベビーサイン P2

続き
番組を見たその時から、早速自分の子供にサインを送りました。
もともと私は赤ちゃん言葉で話していませんでしたが、

”赤ちゃんは言葉がわかっている話せないだけで手足表情で伝えようとしている”

を意識しながら目を見て話していると、息子は”じっと”私の目を見て

”ん?父さん何か違う!”といっているように感じました。
私が”通じている。お前のサインを見逃さないぞ!”と接しているのがわかっているようでした。

そろそろミルクかな?と思う時間になってから、私が自分の親指を吸うジェスチャーをした後、手を前に出して頂戴といいながら上下にふって見せながら
「ミルク欲しい?」・・・・「ミルク欲しい?」
と聞いておいてから、哺乳瓶の先を口につけるようにしました。
そのまま飲んだら、私が自分の手をほっぺたにあてて首をかしげながら
「美味しいなぁ」
と声をかけ続けました。
息子がサインを返してくれるのに、1週間もかかりませんでした。

赤ちゃんである息子が、自分の指を吸って、手を上下にふって頂戴のジェスチャーを返してくれました。
「すごい!」
そう思いながら、哺乳瓶の先を口に当てるといきよいよく飲みだしました。
私が美味しいねのジェスチャーをする前に、
ほっぺたに手をあてて首をかしげるサインを送ってくれました。
「そうか美味しいのかぁ!」
私の顔を見て哺乳瓶の先を咥えながら
「ニコッ^^」
と笑いました。

それから息子はミルクが飲めなくて泣いてアピールする事はなくなりました。
「おっ!、、、おおっ、、」
そういって私を呼んで、サインを送ってミルクを飲めるようになったからです^^

続く



玉森造園http://www.tamamorizouen.com
posted by もと玉森さん at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家事・育児

2014年12月03日

ベビーサイン

赤ちゃんを世話するお母さんお父さんの、赤ちゃん本人にとっても、とても楽しい(^^)とてもありがたいベビーサインというのがあります
9,10年程前にテレビで「ベビーサイン」を紹介する番組をやっていました。
当時一番下の子供が生まれて数ヶ月の頃だったので、番組で紹介されている赤ちゃんと同じでした。
番組をみていると

「赤ちゃんは、言葉が話せないだけで、話している事を理解している!」

というものでした。

食い入るように番組を見ました。

赤ちゃんの仕草を見ながら、OKといってミルクをあげたり、オムツを交換したりする姿はただ微笑ましいだけでなく、不思議な感覚を覚えながら見ていたのを思いだします。

不思議な感覚とは、赤ちゃんと母さん父さんが独自の手話で会話しているからでした。

美味しい?とジェスチャーすると、赤ちゃんも返しているようでした。

だけど、取材者も見ている私も、赤ちゃんの返事がすぐには分かりませんてしたが、スローモーションで説明された時に一瞬、赤ちゃんが美味しいのサインを出しているのが分かりました。

このサインを決して見逃してはいけないという事でした。
赤ちゃんが母さん父さんのサインを真似てサインを出したのに、ノーリアクションだと赤ちゃんは返してこなくなると解説していました。

続く


玉森造園http://www.tamamorizouen.com
posted by もと玉森さん at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 家事・育児

2013年05月09日

初めて電車に一人で

連休中は子供達にとってはじめての経験が目白押しでした。
下の子供は甥っ子家族と映画に行きました。
電車の中で待ち合わせでした。
私もホームまで行ってもよかったのですが、ほんの少しのことですが体験させてみようと思い自分で行かせました。
ホームに下りたのを確認したら、すぐに外に出て息子が見えるところで電車がホームに入るのを見ようと思い待っていましたら、遠くに見える電光掲示に目をやると、息子が乗る電車の数分前に、折り返す電車が同じホームに入ってくる表示がみえました。
(これに乗るとまずい!)
息子と目が合った時に
「このホームに入ってくるのに乗ったらアカンで!」
ジェスチャーをまじえて伝えると。
(ウンウン)と首を縦に振る息子わーい(嬉しい顔)
たらーっ(汗)
いよいよ目的の電車が。
車両最後尾に乗っていると聞いていましたので息子には伝えていましたが、
「とにかく乗ってから、一番後ろまで歩いて行きや!」
と伝えていました。
電車がホームに入り、見えなくなる瞬間に笑顔で手を振ってきました。
向こう側のドアが開き息子の影が見えるかなと思ったら全然見えない・・・・
(最後尾の車両までそこそこ距離あったのになぁ・・・ホームを移動して乗っているのかなぁ)
振り返ればあっという間の出来事ですが。初めてのことにすごく緊張しました。
(ドアが閉まるまで少し間があるなぁ・・・息子が最後尾まで移動していることが原因かも)
そんなことを考えていると、
「ドアしまりま〜す!」
とアナウンス。
(乗っているのかなぁ・・・)
最後尾の車両が見えてくると息子が笑顔で
(いってきま〜す)
と手を振っていました。
何でもないことですが、少しずつ経験して大きくなるんですよね。
初めての子じゃないのに、ドキドキした父さんでしたわーい(嬉しい顔)


玉森造園http://www.tamamorizouen.com
posted by もと玉森さん at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 家事・育児